【学校教育】学校における校則の優位性と生徒の権利‐教職員の地位及び懲戒権と関連法規の競合について。

義務教育(高等教育)
著者
著者

上記図解における「程度の大小」を補完する限度が、学校制度を維持運営するために必要であると社会通念上許容される有形力の行使です。この「程度の大小」を補う行為は法律の適用を免れる効果は具備していませんが、それでも社会通念から許容される行為であるため黙認される場合が多いと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました